欧州で1000馬力のEVレース創設へ 市販車改造で

2019/11/7 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【フランクフルト=深尾幸生】欧州で高い人気を誇る自動車レース「ドイツツーリングカー選手権(DTM)」は、電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)の新レースを創設する。主催団体の独ITRが日本経済新聞に明らかにした。2020年代半ばの開始を目指すとみられる。市販車をベースにした1千馬力を超える車両が競う見通しで、日本勢にも参加を呼びかける。

故アイルトン・セナ氏の盟友で黄金期のホンダF1を支えたゲ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]