P&G、海洋プラで容器 漂着多い日本に照準

2019/11/6 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は6日、日本の海岸で回収した海洋プラスチックごみを洗剤容器に再生すると発表した。海洋を漂うプラごみは環境などへの影響が問題になっているが、回収や再利用は進んでいない。プラスチック容器を扱う企業への消費者の視線は厳しさを増しており、対策が求められている。再利用が定着するには高い回収コストなどの課題の解決も必要になる。

「アジアはプラごみの海洋流出が多く、日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]