在沖米国商議所、地元に根差し66年 両国の懸け橋に
基地のある島 沖縄の風景

コラム(地域)
九州・沖縄
2019/11/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「Hey,how are you!」。10月上旬、沖縄県宜野湾市のホテル。日の丸と星条旗が掲げられた宴会場で、米国人ら約60人がビュッフェ形式の昼食を楽しんだ。集まったのは沖縄でビジネスを展開する経営者ら。昼食が一段落すると司会が登壇し、在沖米国商工会議所(ACCO)が毎月開く例会が始まった。

メインテーブルには在沖米国総領事や軍服を着た米軍司令官の姿も。参加者は10月の消費増税や日米貿易協議の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]