/

この記事は会員限定です

人民元が上昇、3カ月ぶり1ドル=6元台 米中合意期待広がる

[有料会員限定]

【上海=張勇祥】中国の通貨である人民元が対ドルで上昇している。5日に3カ月ぶりに1ドル=6元台となり、6日もほぼ同じ水準で推移した。交渉が続く米中貿易摩擦を巡り、「米国が中国向けの制裁関税の一部撤廃を検討」との報道を受け、両国の関係改善を期待する元買い・ドル売りが膨らんだ。米中は関税撤廃の範囲などを巡る交渉でせめぎ合うが、市場では楽観論が広がる。

「海外市場での投機的な元売りは収まりつつある」。上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン