首里城再建、技術者ら名乗り 建材不足など課題山積

2019/11/6 19:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

那覇市の首里城の火災から7日で1週間となる沖縄で、1992年の復元に携わった技術者や職人が再建に動き出した。関係者は「若い人の力も借りて、美しい城を必ず復元させる」と沖縄のシンボルの早期復活を誓う。ただ、木材や瓦などの建材や、伝統の技法を知る職人の不足など課題は山積しており、再建には長い時間と険しい道が予想される。

「再建は、試練を乗り越えた県民の新しい歴史の一ページになる。悲しみに浸ってばかり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]