気仙沼のみらい造船、新工場で新たな挑戦 海外開拓も

2019/11/6 19:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宮城県気仙沼市の沿岸部に9月、地元の中小造船4社が経営を統合した「みらい造船」の新工場が完成した。大型の漁船10隻を同時に造れ、エンジン整備など関連会社も集約。自衛隊向けや海外市場など新たな需要の開拓も狙う。4社は東日本大震災で被災し、気仙沼の造船業を守るため合併を選んだ。各社の壁を超え、地域経済をけん引しようとこぎ出した。

みらい造船は震災の津波で大きな被害を受けた木戸浦造船や小鯖造船所など造…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]