台風で浸水の長野のミールケア、新設備投入 パン増産で復興急ぐ

台風19号
2019/11/6 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10月の台風19号で本社が水没する被害に遭った給食受託サービスのミールケア(長野市)は、自社で生産するパンの生産能力を被災前より3割高める。本社の設備を全面的に入れ替え、新たな生産設備で2020年3月にも再開する。衛生管理を従来よりも強化するほか、新たに見学コースなども設ける予定だ。

同社は卵や牛乳などのアレルギーに配慮した野菜パンや、グルテンフリーの食パンを長野市穂保の本社で生産している。被災…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]