川崎重工、伊高級二輪メーカーと合弁

2019/11/6 19:40
保存
共有
印刷
その他

川崎重工業は6日、伊高級二輪車メーカーのビモータ社と合弁で新二輪メーカーを設立すると発表した。川崎重工はビモータ向けに専用開発したエンジンを供給し、バイク本体の開発・生産・販売も引き受ける。ビモータ社は実質的に休眠状態となっており、川崎重工が支援するかたちでブランドを存続させる。

川崎重工は高価格のセグメントをてこ入れし、欧州マーケットで存在観を高める。

川崎重工の欧州法人が、ビモータのバイクを生産・販売するために4月に全額出資子会社を設立し、ビモータが追加出資した。出資比率はビモータが50.1%で、出資額は非公開だが1億円弱程度とみられる。社名を「ビモータSPA」とする。

川崎重工がビモータのバイク専用にエンジンを開発して供給する。新モデルの販売は年間200台を計画する。ビモータは1972年に二輪車販売を開始した高級車メーカー。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]