KINTONE、電動キックスケーターで畳める新製品

2019/11/6 19:02
保存
共有
印刷
その他

電動キックスケーター製造のKINTONE(キントーン、茨城県常総市)は新製品「Kintone α GO」を発表した。持ち運びしやすいように折りたため、原付きとして登録すれば公道も走行できる。最高速度は時速20~23キロメートル。1回の充電で5~10キロメートル走れる。液晶モニターを備え、速度や走行距離、バッテリーの残量を表示する。

新製品を発表したKINTONEの渡辺社長(左)と、常総市の神達市長(茨城県常総市)

価格は9万9900円(税抜き)で、クラウドファンディングを通じて購入できる。販売台数は5千~1万台を目指す。渡辺孝祐社長は「移動範囲の拡大、交通渋滞や排ガスの軽減、買い物難民の生活が便利になるという社会的意義がある」と強調した。

発表会で常総市の神達岳志市長は、同市で進める農業の6次産業化に向けた産業団地内の移動などを想定し、「環境にも優しいということで市も積極的に活用を検討したい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]