/

神奈川の経済団体、横浜IR誘致で連携 協議会設立

横浜商工会議所など神奈川県内の経済団体は6日、カジノを含む統合型リゾート(IR)の横浜市への誘致に向け、推進協議会を設立した。神奈川経済同友会や県観光協会、横浜貿易協会など9団体に加盟する約1万5000の企業・団体が参画。IR関連の見本市やイベントを実施し、市民理解の促進につとめる。他企業にも参加を呼びかけ会員増を目指す。

横浜商工会議所など9団体が参画した

団体名は「統合型リゾート(IR)横浜推進協議会」。会長には、横浜商工会議所の上野孝会頭が就任した。上野氏は記者会見で「(企業)チャネルを通じて、市民の理解を得るように努力していきたい」と強調した。設立総会には横浜市の平原敏英副市長らも参加し、市の取り組み状況を説明した。

2020年1月にはパシフィコ横浜(横浜市)で、見本市「統合型リゾート産業展」を企業と共催する。IR関連の商品やサービスを提供する企業が出展する予定だ。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン