福島第1廃炉 東電は人手不足? 募る規制委の懸念
科学記者の目

2019/11/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福島第1原子力発電所の廃炉を東京電力ホールディングスは、十分な人手を割かずに進めているのではないか――。原子力規制委員会がこんな懸念を募らせている。事故から8年半が過ぎ、廃炉作業が進展する中、基本的なミスやトラブルが相次いでいるためだ。東電は「十分な人数で臨んでいる」との立場だが、今後、規制委が体制強化を求める可能性もある。

「なんでこんなことが起きたのか。人が足りていないのではないかという疑問…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]