/

この記事は会員限定です

台風19号、企業損失300億円 JR東は最大118億円特損

[有料会員限定]

10月中旬に日本各地に甚大な被害をもたらした台風19号による企業業績への影響が明らかになってきた。発表済みの損失額は上場企業全体で約300億円となった。JR東日本は浸水した北陸新幹線の車両の廃棄を決めた。工場の操業など製造業の供給網も打撃を受けている。9月の台風15号による被害も含め、業績に悪影響が出ている。

JR東日本は6日、台風19号で浸水した北陸新幹線の8編成全てを廃車にすると発表した。最大で118億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン