夜空の向こう映す アジア初、大阪市のプラネタリウム
時を刻む 大阪市立科学館が保有、展示

関西タイムライン
コラム(地域)
関西
2019/11/7 7:01
保存
共有
印刷
その他

アジアで初めて導入されたカール・ツァイス2型プラネタリウム(大阪市北区の大阪市立科学館)

アジアで初めて導入されたカール・ツァイス2型プラネタリウム(大阪市北区の大阪市立科学館)

日本は世界一のプラネタリウム大国だ。日本プラネタリウム協議会によると、日本以外の国が持つドーム径15メートル以上の中・大型プラネタリウムは約260館。これが日本国内には100館超あり、関西圏だけでも19館存在する。日本人は星が大好きなのだ。

世界で最初のプラネタリウムは独カール・ツァイス社のバウワースフェルト博士が1923年に発明した「カール・ツァイス1型」。ドイツの科学技術の粋を集めたドイツ博物館(ミュンヘン)に展示する特注品だった。だが600枚もの図面と計算書に基づいて完成したツァイス1型は設置したミュンヘンの星空しか投影できなかった。

■惑星の動き表現

26年に地球上のどの地点から見た現在・過去・未来の星空でも再現できる改良型の「カール・ツァイス2型」が誕生した。直径75センチで球状の投影機2つをつなぎ合わせた鉄アレイ型で9000個の星を映し出した。各投影機は光源のランプを内蔵し、16枚のレンズを備えていた。170枚以上のギアとモーターで回転し角度を変えて太陽をめぐる水星や金星、火星、木星、土星の複雑な動きを表現し、太陽や月の満ち欠け、彗星(すいせい)も再現できて「元祖・仮想現実(VR)」と呼べる完成度だった。

現存するツァイス2型は世界にたった3つ。大阪市立科学館(大阪市北区)はそのうちの1つを保有、展示している。製造番号を記した銘板は無いが25番目に製造したものだという。37年3月に前身の大阪市立電気科学館(同西区)が開館した際の目玉施設がこのツァイス2型を備えた「天象館」だった。

大阪市は23年に大阪電灯を買収し、市電気局として電気供給の直営に乗りだしていた。直営化10周年の記念事業が電気科学館建設。電気の便利さを伝え、電気事業のシェア拡大につなげる狙いもあった。

1989年に閉館する前の大阪市立電気科学館(同市西区)

1989年に閉館する前の大阪市立電気科学館(同市西区)

■高額で議会紛糾

開設準備で欧米を視察した木津谷栄三郎電灯部長は「過去を物語る歴史的陳列物は一切これを割愛し現代から将来への示唆を与える」展示物としてプラネタリウム導入を提案した。小畠康郎技師(後の電気科学館初代館長)は「電気知識を啓発し電気科学館を世界に誇れる施設にするために必要」と調査報告書に書いた。

平塚米次郎電気局長は34年、プラネタリウム導入を決断した。当初は上層階にスケートリンクを作る計画だったが差し替えた。プラネタリウムは値段が46万8000円した。小学校2~3校の建設費に相当する額に大阪市議会は紛糾したという。電気科学館が閉館するまでの52年間に1105万1762人もの人々が訪れる名物施設になるとは当時の市会議員も知るよしはなかった。

開館当初は午前2回、午後3回の上映で各回の長さは54分。毎月のテーマに合わせたクラシック音楽を中心に流した。「望遠鏡で見ないと分からない土星の輪だが、ツァイス社はプラネタリウムの土星にわざと輪を付ける演出を施した」と大阪市立科学館の嘉数次人学芸課長は話す。こうした遊びも愛され、漫画家の手塚治虫や小説「夫婦善哉」で有名な作家の織田作之助らが常連になった。

45年の大阪大空襲も生き延びた電気科学館だったが、89年に惜しまれつつ閉館、老朽化したツァイス2型も引退した。同年に市立科学館が後を受けてオープンし、2代目のプラネタリウムが登板した。今年3月にはデジタル式でコニカミノルタプラネタリウム製の3代目がデビューした。

10月8日、スイス・ジュネーブ大学のミシェル・マイヨール名誉教授、ディディエ・ケロー教授の19年ノーベル物理学賞の受賞が決まった。95年に太陽以外の恒星の周りを回る太陽系外惑星の「ペガサス座51番星b」を発見した功績が評価された。嘉数課長は「3代目を使った解説でノーベル物理学賞とペガサス座の物語が話せるなぁ」とうれしそうである。

(編集委員 竹田忍)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]