RPA効率化の威力 50社で年1700万時間浮く

働き方改革
コラム(テクノロジー)
2019/11/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

定型業務を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)によって自動化したパソコン作業時間の合計は2020年末に、回答した50社の合計で年1700万時間にも達する――。

日経コンピュータが実施したRPAの活用状況に関する独自調査から、こうした実態が浮かび上がった。調査は国内の大手企業を中心に19年8~9月に実施。163社に調査票を配布し90社から回答を得た。調査は「RPAによって自…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]