高知の中高年ひきこもり3300人 県、支援へ有識者会議

2019/11/6 20:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高知県は子どもや中高年のひきこもりについて支援を強化する。80代の親の家に50代の子どもがひきこもる「8050問題」が社会問題化するなか、中高年に限っても3300人以上と見られるからだ。有識者委員会で支援のあり方を議論してもらい、2020年10月をメドに報告書をまとめる。

委員会はひきこもりの現場に接する県内自治体の福祉部門、家族会、介護団体、心身でハンディを抱えた人の就労を支援する高知労働局ら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]