ヒアリ国内定着の恐れ、繁殖力高く根絶困難に

2019/11/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

南米原産で強毒を持つヒアリが国内に初めて定着した恐れがある。10月、東京港青海ふ頭で働きアリが約750匹、女王アリも約50匹確認された。巣ができてから少なくとも数カ月たっており、羽のある女王アリが周囲に飛んで新たな巣を作っている懸念がある。海外の事例をみると一度定着してしまうと根絶は難しい。政府は対策を急ぐが、防げるか瀬戸際の状況だ。

ヒアリは体長2.5~6ミリメートル程度。小さいが慌ただしく動…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]