中国共産党の重要会議で採択した「決定」の要旨

2019/11/6 17:29
保存
共有
印刷
その他

【基本方針】

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席

マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論、「三つの代表」の重要思想、科学的発展観、習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想を導きとすることを堅持する。2035年までに各方面の制度をより一層整備し、国家統治システムと統治能力の現代化を基本的に実現する。

党がすべてを指導することを必ず堅持し、党中央の権威を断固として守る。初心を忘れず、使命を銘記するための制度を確立する。習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想で全党で武装し、人民を教育する。国防と軍隊建設において、習近平強軍思想の指導的地位を必ず確立する。

【経済政策】

現代の中央銀行制度を建設し、ベースマネーを供給する仕組みを改善する。基準利率と市場金利の体系を整える。

インターネットやビッグデータ、人工知能(AI)などの技術を運用し、行政管理の制度や規則を改善する。デジタル政府の建設を推進する。

国有企業などの国有資本を強く、優秀に、大きくする。国有企業改革を深めて、中国の特色ある現代企業制度を改善する。(国有企業とそれ以外の)所有制主体が法に基づいて平等に資源を使えるように環境を整える。透明性が高く、公平で公正に競争に参入でき、法律で守られた市場環境を享受できるようにする。競争政策の基礎的な地位を強化する。公平な競争審査制度を実施する。

【ハイテク】

ハイテクやイノベーションをつくり出すメカニズムを改善する。社会主義市場経済の条件のもと、カギとなる核心技術の開発に取り組める新しい挙国体制を構築する。基礎研究への予算投入を増やし、後押しする。

外国からの投資に関する国家安全の審査、独占を禁止するための審査、国家技術の安全リスト、信用できない主体のリストを整える。

【香港・マカオ】

一国二制度の「一国」の堅持は「二制度」実施の前提であり基礎。「二制度」は「一国」に従属し、「一国」から派生し「一国」の中に統一されなければならない。

愛国者を主体とする「香港住民による香港管理」を堅持する。

中央による特別行政区長官と高官の任免制度・仕組み、全国人民代表大会常務委員の基本法に対する解釈制度を整備し、中央に付与された各権限を法に基づき行使する。

特別行政区の国家安全維持の法制度と執行の仕組みを確立し、整え、特別行政区の法執行力の強化を支持する。

公職者と青少年に中国の歴史と中華文化の教育を強化する。香港、マカオ同胞の国家意識と愛国精神を高める。

中央が特別行政区に対し全面的管轄統治権を行使する制度を一段と整える。「一国二制度」の最低ラインに挑戦するいかなる行為も絶対に容認しない。外部勢力が香港のことに関与し、分裂や破壊活動を行うことを断固防ぎ、阻止する。

【台湾】

祖国の平和統一プロセスを揺るぎなく推進し(中国と台湾の)両岸の交流・協力を促進し、両岸の融合発展を深め、台湾同胞の福祉を保障する制度手配と政策措置を整える。広範な台湾同胞の団結をめざし「台湾独立」にともに反対し統一を促進する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]