中国は「途上国」? WTOの優遇措置巡りあつれき
国際法・ルールと日本

米中衝突
国際法・ルールと日本
2019/11/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「発展途上国」の扱いをめぐり国際社会にあつれきが生じている。国内総生産(GDP)世界2位の中国をはじめ「経済力がある国が世界貿易機関(WTO)で途上国として優遇されている」とトランプ米政権が批判したためだ。韓国など自ら途上国の地位を放棄する国もでている。途上国の定義に絶対的基準はない。新興国の発展で線引きは一段と難しくなっている。

韓国政府は10月25日、WTOで途上国として優遇を受けられる地位…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]