インバウンド富裕層狙え、親和銀などツアー企画

2019/11/6 17:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農業で地域活性化に取り組む一般社団法人、日本未来農業研究会(長崎市)は親和銀行などとインバウンド(訪日外国人)の富裕層向け旅行商品を開発する。九州はアジアの訪日客が多いが、韓国人客が急減し、欧米人客の開拓が課題になっている。ニーズを把握するため、11月に長崎県佐世保市で棚田の風景を楽しむツアーを実施する。

佐世保市鹿町町は棚田だけでなく、世界文化遺産の構成資産を持つ九十九島を含む海の景観も堪能で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]