サーキュラーエコノミーを考える(2) 政府介入にも難しさ
大阪商業大学准教授 原田禎夫

やさしい経済学
コラム(経済・金融)
2019/11/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済学では廃棄物など様々な環境問題を、外部性の問題として考えます。廃棄物の収集や運搬といった企業や自治体が認識できる費用を私的費用といいます。これに加え、景観の悪化から生態系への影響に至るまで社会全体が負う費用を社会的費用といいます。

例えば、多くの地域で住民がごみを分別したり、ポイ捨てされたごみの清掃活動を行ったりしています。こうした手間も社会的費用に含まれます。この社会的費用と私的費用の差が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]