イナック、「カットモデル」樹脂模型 重量8割減

2019/11/6 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

樹脂加工のイナック(愛知県岡崎市)は、製品の一部を切って内部構造を見せる「カットモデル」風の樹脂模型を開発した。メッキなどで質感を再現しつつ、鉄製のカットモデルに比べ重量を8割減らした。運搬や設置の負担を低減する点をアピールしながら受注拡大につなげる。

多軸加工機で削り出した樹脂を塗料で色づけしたり、メッキ加工したりして部品を造り組み合わせる。目に触れない部分は空洞にして重量を抑えた。駆動部品を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]