久々の新作 絶妙のミステリー 小谷真理氏が選ぶ3冊
白銀の墟 玄の月(一・二) 十二国記 小野不由美著

2019/11/7 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国古典のエッセンスを凝縮した異世界ファンタジー「十二国記」の最新作が、久々にお目見えした。

舞台は、十二国の中の「戴」国。即位したのもつかの間、王は消息不明となっている。偽王が弾圧を強める中、かろうじて生き延びた家臣らが、神獣・泰麒(たいき)とともに、王の行方を追う。

不鮮明な政治情勢や歴史を丁寧に解説しながら、王失踪事件の謎を解き明かすプロセスには、ミステリの手法が用いられ、ゆっくりと真相へ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]