自民・稲田氏、早期解散「やる状況でない」

台風19号
2019/11/6 15:00
保存
共有
印刷
その他

自民党の稲田朋美幹事長代行は6日、TBSのCS番組収録で、年末や年明けの衆院解散・総選挙の可能性について「やっている状況ではない」と述べた。「台風や大雨による被害からの復旧がまず先だ」と話した。

選択的夫婦別姓に関し「人生100年時代になり、いろいろな家族の形ができている。固定概念にとらわれず議論してもいい」と語った。「従来は家族の一体感を損なうと反対してきた。いろいろな事情を聞き考えが深まった」と説明した。LGBTについて「理解を増進する法案を自民党から出したい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]