満身創意(岡崎慎司)

フォローする

2部でこそ味わう危機感 もっともっとゴールを

2019/11/6 17:00
保存
共有
印刷
その他

9月から所属するウエスカのスタジアムの収容人数は8千人に満たない。クラブハウスはプレハブのロッカールームとジムがあるだけ。僕に不満はない。むしろこの規模の施設でスペイン1部リーグに昇格したのが素晴らしいと思う。2部に降格した今も返り咲く夢を抱き、戦う選手やサポーターを見ると、施設や見栄えは関係ないと感じる。

9月下旬にゴールした後、3試合得点がなかった。結果も1勝1分け1敗。昇格を目指すクラブのストライカーとして居心地の悪さを感じた。

英プレミアリーグのレスター時代は周囲に合わせることを重視した結果、点取り屋として評価されなくなった。ストライカーの感覚を取り戻すのと同時に仲間に僕という選手を分かってもらうために、新天地ではゴール前でチャンスを待つことを選んだ。

しかし、結果が出ない。自分の考えを改めるべきかもと揺らぎ始めた10月19日のルーゴ戦で得点を決められた。ゴール前の僕に横パスが来たのは、そこにいるとチームメートが理解してくれていたからだろう。ストライカーでありたいと願い、プレーし続けてきた結果だと思う。

10月13日のラシン戦で競り合うウエスカの岡崎(左)。この後、同19、27日とゴールを決めた=共同

10月13日のラシン戦で競り合うウエスカの岡崎(左)。この後、同19、27日とゴールを決めた=共同

ルーゴ戦は敗れたが、僕にとっては非常に良いタイミングのゴールとなった。10月27日のエルチェ戦では先制点を挙げ、勝利に貢献もできた。そうすると「あと1、2点決められたのに」という悔しさの方が大きくなるのだが。

2部とはいえ、レベルは高いと思ってスペインに来た。実際、選手たちはうまいしサッカーをよく知っている。クラブ間の力も拮抗し、簡単なリーグではない。それでも2部は2部だ。

「もし、ウエスカで先発から外れたら、ベンチ外になったら……」と考える。レスターでも落胆したのだから、2部で同じ扱いを受けたら数倍のダメージがあるかもしれない。その危機感は、1部リーグでプレーしていた時とは違う感情だ。後がない、崖っぷちに僕は立っている。

ここで結果を出さないと、スペインやイタリアの1部リーグでプレーすることはなくなる。1部でプレーしたい僕にとって、ここは通過点であり、早く抜け出すにはウエスカを昇格させるのが一番の近道。となると普通にプレーできているだけではダメだ。

「1部に比べれば、2部の方がレベルは低い」という声がある。それは事実だ。しかし、レベルの高低だけでは語れないプレッシャーが2部にはあり、1部を戦うのとは違う種類のメンタルの強さが求められるのも確かだ。

監督に信頼され、ありがたいと感じる一方、チームメートの昇格に懸ける心情を思うと、もっともっとゴールは必要だ。スペイン語もろくに話せない外国人ストライカーがチーム内で堂々とするには、結果を出すしかない。

(ウエスカ所属)

満身創意(岡崎慎司)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

満身創意(岡崎慎司) 一覧

フォローする
岡崎はクラブでの結果を評価され、日本代表の10月のオランダ遠征に呼ばれたことに誇りを感じるという=共同共同

 10月3日のエルチェ戦で左足太もも裏側を痛めた。34歳にして初の肉離れ。全治2週間と診断されたが、10日ほどして痛みは消え、練習に復帰できそうになった。が、少し負荷をかけると痛みが再発。こんな簡単に …続き (10/28)

スペイン1部リーグ開幕後、岡崎は3試合連続で先発も、まだゴールがない=共同共同


 スペイン1部リーグが開幕して3試合を戦った。2分け1敗の成績は昇格組なら評価されるだろう。3試合連続で先発し、うち2試合がフル出場の僕も悪くないスタートかもしれない。ただ、僕にゴールがない現実には納 …続き (9/30)

8月23日のG大阪戦後に開かれた引退セレモニーで、あいさつする鹿島・内田=共同共同

 Jリーグ鹿島の内田篤人が8月23日のG大阪戦を最後に引退した。自分に厳しい人間が、最後までその姿勢を貫いた。彼らしいカッコいい終わり方だと思う。
 学年は1つ下だが、ずっと僕は内田に嫉妬のようなものを …続き (9/2)

ハイライト・スポーツ

[PR]