バンダイ、子ども向けスライム入浴剤 お風呂で実験

2019/11/6 12:50
保存
共有
印刷
その他

バンダイはお風呂で実験感覚を楽しめる、子ども向け入浴剤を8日に発売する。粉を混ぜると入浴剤がスライム状から泡状に変化する。スライム玩具の人気を受け、子どもが楽しめる入浴グッズとして製品化した。

バンダイが8日に発売するスライム状の入浴剤「スライムクムク入浴剤」

粉2種類と水を混ぜるとスライム状になる

商品名は「スライムクムク入浴剤」。同社の入浴剤「おふろでじっけんくん」シリーズの第3弾として発売する。色と香りが異なる3種類を用意した。価格は税別380円。青色の「シャボン」の香りと、黄色の「カモミール」の香り、ピンク色の「フローラルフラワー」の香りの3種類をそろえた。商品には「A剤」「B剤」「C剤」の3種類の粉が入っており水とA剤とB剤を混ぜるとスライム状になる。さらにC剤を加えると泡状になる。

同社は紙状の入浴剤で人形の玩具を包んだ入浴剤も2020年1月に販売する。小学生向けで、商品名は「シュガークローゼット」。入浴剤をお風呂に入れると、中から人形が出てくる。人形は全8種用意した。人形は重ねて飾ることができる。価格は税別540円。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]