/

都知事選7月5日に投開票へ 五輪日程を考慮

東京都選挙管理委員会は6日、2020年の都知事選の告示を6月18日、投開票を7月5日とする方針を固めた。同24日から五輪が開幕するため、最も日程が離れた日曜日である同5日に実施し、大会運営への影響を極力抑える考えだ。

月内にも決定する。毎回、都知事選の投開票日は半年ほど前に決まるが、都や市区町村の関係者が、五輪準備にも追われることを踏まえて早めに投開票日を決める。

小池百合子都知事の任期満了は7月30日で、五輪期間中にあたる。公職選挙法では自治体の首長選について、任期満了より前の30日以内で実施することと定めている。

都内では五輪の聖火リレーが7月10日スタートする。最も影響が少ない日程として同5日の投開票を有力として同委員会では協議を進めていた。

都知事選を巡っては直近3回が任期途中による辞職で行われており、任期満了による選挙になれば、11年以来となる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン