/

ビットコイン、特定の市場参加者が価格操作か

ビットコインの価格操作が疑われている=ロイター

【ニューヨーク=関根沙羅】代表的な暗号資産(仮想通貨)ビットコインの価格がある特定の市場参加者によって操作されていた可能性が高いとの指摘が出ている。米テキサス大学のジョン・グリフィン教授と、オハイオ州立大学講師のアミン・シャムス氏がこのほど発表した論文で明らかにした。

グリフィン教授らは、2017年3月から18年3月末にかけてのビットコインと暗号資産「テザー」の価格の動きを分析。交換会社ビットフィネックスに口座を持つある特定の市場参加者がテザーを使ってビットコイン価格を下支えしていたと結論づけた。

分析によると、ビットコインの価格が下落している局面で、特定の市場参加者がテザーを使ってビットコインを大量に購入し、その後ビットコインの価格が上昇するパターンが確認された。

テザーは、1ドル=1テザーの固定レートをうたうドル連動型の暗号資産のひとつ。発行元のテザー社は、テザーは需要に応じて発行され、発行量と同等の米ドルを準備金として保管しているとしている。だが、論文はテザーが需要と関係なく発行され、ビットコインの価格を押し上げるために使われている可能性が高いとしている。

分析対象の17年3月~18年3月末の間にビットコイン価格は約1200ドルから6900ドルに上昇。17年12月には、史上最高水準の2万ドル近くまで上昇する局面もあった。論文によるとこの1年間の上昇のうち約半分はテザーを使った価格操作によるものだった可能性が高いという。

グリフィン氏とシャムス氏は18年6月にもテザーがビットコインの価格操作に使われていると指摘する論文を発表していたが、価格操作が1人の市場参加者によるものであるとは結論づけていなかった。ビットフィネックス社の法務顧問のスチュアート・ヘーグナー氏は「学術的な厳密さに欠け、根本的に欠陥がある」とし論文の内容を否定した。

ビットフィネックス社とテザー社の経営陣は同じ人物らが務めており、米司法省やニューヨーク州の司法長官など複数の当局が準備金の管理や価格操作などの疑いで捜査にあたっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン