/

仙台高裁も「合憲」 参院選1票の格差訴訟

「1票の格差」が最大3.00倍だった7月の参院選は、投票価値の平等を定めた憲法に反するとして、秋田を除く東北5県の有権者が選挙無効を求めた訴訟の判決で、仙台高裁(山本剛史裁判長)は5日、「合憲」と判断し、請求を棄却した。

弁護士グループが全国14高裁・高裁支部に起こした一連の訴訟で9件目の判決。これで「合憲」7件、「違憲状態」2件となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン