フォルテ、リチウム固体電池を開発 安全性向上

環境エネ・素材
地域総合
北海道・東北
2019/11/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ITベンチャーのフォルテ(青森市)は超薄型のリチウム固体電池を開発した。リチウムイオン電池の発火原因となっていた有機の電解液を、安全で発火しない無機の酸化物系固体電解質に置き換えたことで、電池の安全性と加工しやすさを高めた。安全性を売りに、リチウムイオン電池の代替需要を狙うほか、新しい用途を開発する。

固体電池は、その名の通り中身がすべて固体なので加工しやすく、液漏れの危険性がない。ただ、実用化…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]