/

この記事は会員限定です

温暖化、米大統領選の争点に 民主勝利ならパリ協定復帰も

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】2020年11月の米大統領選でも地球温暖化対策が大きな争点になるのは確実だ。パリ協定に反対するトランプ米大統領が再選するか、協定復帰を訴える民主党候補者が勝つかは世界から注目を集めそうだ。

「一方的でカネがかかり、恐ろしいパリ協定からの離脱を発表した」。トランプ氏は4日、支持者を前に演説した。

トランプ氏は前回16年大統領選で、炭鉱や油田で働く白人労働者の雇用を取り戻すとして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り274文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン