車シート検査自動で 東洋シート、AI搭載カメラ導入

2019/11/5 19:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マツダ車のシートを製造する東洋シート(広島県海田町)は完成品の検査を自動化する。人工知能(AI)を搭載したカメラを年内に導入し、これまで目視で6分かけていたのを数秒でできるようにする。同社は完成車の売れ行きに合わせて生産量を調整するため、従業員の半数が派遣社員。自動化で作業をシンプルにし、経験の少ない従業員でも品質を保つ。

検査を自動化するのは本社工場(海田町)で組み立てたシート表面のしわのチェ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]