カシオ、IoTネジを共同開発 インフラ老朽化を把握

エレクトロニクス
2019/11/6 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カシオ計算機とNejiLaw(ネジロー、東京・文京)は、トンネルなどのインフラや建築物の老朽化を遠隔監視できる「スマートネジ」を共同開発する。緩みにくい特殊な構造のネジに、カシオの時計ブランド「G-SHOCK」で培った技術を融合してセンサー化する。老朽化の監視システムとして2020年に実証実験を始め、数年以内の実用化をめざす。

ネジローは特殊な構造を持つ「緩まないネジ」の開発に強みを持つ。カシオ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]