/

この記事は会員限定です

音声データで「カスハラ」対策、北大発スタートアップ

[有料会員限定]

北海道大学発スタートアップのティ・アイ・エル(TIL、東京・千代田)は音声をその場で文章に変換してチェックするシステムを開発した。消費者や取引先が企業に悪質なクレームや理不尽な要求をする「カスタマーハラスメント(カスハラ)」が様々な業界で問題になっている。開発したシステムは事業者が顧客と1対1で接する場面でカスハラやトラブルが起きるのを防ぐ。

新システムは、営業担当者が顧客の許可を得てボイスレコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン