デジタル通貨普及へ「実験店」、富山第一銀行

地域金融
2019/11/6 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富山第一銀行は、支店の来店者を対象に同行独自のデジタル通貨で買い物ができる取り組みを始めた。データの改ざんが難しいブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用したもので、スマホがあれば誰でも利用できる。サービスを身近に感じてもらい、将来的に自治体や商店街で地域通貨として導入を促す考えだ。

5日に移転開業した中川支店・大野支店(富山県高岡市)で、デジタル通貨「ファーストバンクコイン(FBC)」を使って…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]