ライフマスター、シニアが家電メーカーの営業代行
埼の強み

2019/11/5 18:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

社員の平均年齢は64歳――。家電販売の営業代行を手掛けるライフマスター(埼玉県富士見市)では、「生涯現役」をモットーに量販店やメーカーOBらが活躍する。ベテランならではの強みを生かし、分かりやすい説明や売れやすい展示方法を助言。人手不足に苦慮するメーカーと「第二の人生」を充実させたいシニアのニーズを合致させ、成長の原動力としている。

ケーズホールディングス副社長だった布袋田晋氏が2011年、シニ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]