武田、ロシアなどの一部医薬品事業を718億円で売却

2019/11/5 18:27
保存
共有
印刷
その他

武田薬品工業は5日、ロシアなどで販売する一部の医薬品に関する事業を、ドイツの製薬会社のシュターダ・アルツナイミッテルに6億6000万ドル(約718億円)で売却すると発表した。売却完了は2020年1~3月を予定する。武田はアイルランドの製薬大手シャイアー社の買収で膨らんだ負債の圧縮に向けて非中核事業の売却を進めており、その一環となる。

武田の事業売却の契約…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]