冷戦終結30年 ドルの覇権を脅かすのは
上級論説委員 藤井 彰夫

藤井 彰夫
中外時評
編集委員
2019/11/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

30年前の1989年11月9日、東西ドイツを隔てるベルリンの壁が崩れ去った。第2次大戦後の世界を二分した東西冷戦の終わりを告げる象徴的な出来事だった。

その直後、日米欧主要7カ国(G7)の"通貨マフィア"が集まった。西ドイツ財務省のホルスト・ケーラー氏は、日本の大蔵省(現財務省)の内海孚財務官、フランスのジャン・クロード・トリシェ財務次官ら出席者に、古びた石のかけらを配り始めた。崩れたばかりのベ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]