イラン、ウラン濃縮能力拡大 中部施設で活動再開
核合意義務停止の「第4弾」 苦肉の小出し戦略

イラン緊迫
2019/11/5 18:17
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【テヘラン=岐部秀光】イランのロウハニ大統領は5日、米国による制裁に対抗する核合意の義務停止の「第4弾」を発表した。中部フォルドゥの施設にある遠心分離機を再稼働させ、ウラン濃縮の能力を拡大する。兵器級に近い濃縮レベル20%への引き上げといった強硬策は見送った。合意からの逸脱を小出しで進め、米抜きでの合意維持をめざす欧州に圧力を加える狙いだ。

ロウハニ師は「フォルドゥの遠心分離機に6日から(稼働の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]