アジア企業との業務連携、ファンド出資で後押し 経産省

2019/11/5 18:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は東南アジアの有力企業に日本から成長資金を投入する新たな構想を立ち上げる。日本企業との資本・業務提携を政府が仲介したり、産業革新投資機構(JIC)などの政府系ファンドが出資したりして後押しする。人口が多く規制も緩やかな東南アジアでは先進的なビジネスが育っているケースがある。日本にアジアの成長を取り込む狙いがある。

経産省内に同構想を進める「アジア・デジタルトランスフォーメーション政策推…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]