/

この記事は会員限定です

大逆転か幻か エーザイの認知症治療薬に議論百出

Bizレーダー

[有料会員限定]

世界が注目する認知症薬で異例の「敗者復活」はなるか――。米バイオジェンとエーザイは10月下旬、アルツハイマー病の治療薬候補「アデュカヌマブ」について、2020年の早い段階で米食品医薬品局(FDA)に新薬として承認申請する方針だと発表した。今年3月には十分な効果が認められないとして開発中止を発表したばかりだが、臨床試験(治験)のデータを再解析したところ有効性が確認できたとの理由だ。認知症は高齢社会の世界的な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1483文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

「Bizレーダー」は話題のビジネスニュースの内幕や企業の隠れた思惑を、知られざるエピソードやデータに基づき、実際に現場で取材している記者ならではの視点で掘り起こすコラムです。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン