暗号開示禁止で中国けん制 日米デジタル協定審議入りへ

2019/11/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日米両政府がデジタル分野のルールをまとめた日米デジタル貿易協定の承認案が6日にも衆院外務委員会で実質審議に入る。企業の技術や情報を秘匿するための暗号について、国が開示を求めるのを禁じた。暗号開示の禁止規定をデジタル協定に盛り込むのは世界で初めて。日米は同協定をデジタル分野のルール作りのひな型にしたい考えで、中国をけん制する。

日米デジタル協定は9月末の日米首脳会談で日米貿易協定と合わせて最終合意…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]