アフリカ栄養改善に経験生かせ 長坂優子氏
特定非営利活動法人日本リザルツ ケニア駐在員

私見卓見
2019/11/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済成長が進んでいるが、ケニアでは依然、貧困が深刻な問題だ。私たちはナイロビの貧困街で保健改善に取り組み、8つの小学校で毎月、身体測定を行い子どもの成長をモニタリングしている。直近の対象は9~14歳の170人で、うち44人が、同国保健省の定める年齢別身長・体重の水準を満たしていなかった。栄養バランスがよい食事をとれていないのだ。

とくに低身長・低体重が深刻な一人であるブライアン君(13)は身長1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]