サーキュラーエコノミーを考える(1) 環境問題招く「外部性」
大阪商業大学准教授 原田禎夫

やさしい経済学
コラム(経済・金融)
2019/11/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

海洋プラスチック汚染の深刻化、中国の廃プラスチック輸入停止など廃棄物を巡る問題が、毎日のように報じられています。廃棄物、つまり「ごみ問題」は人類の歴史が始まって以来続く永遠のテーマでしょう。なぜ私たちは、有効な処方箋を見つけられないのでしょう?

経済学では廃棄物などの環境問題は、外部性が存在することで生じると考えます。外部性とはある経済主体の活動が市場を経由することなく、他の経済主体に影響を及ぼ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]