/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG 赤字7000億円 7~9月、ファンドで損失

(更新) [有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)が6日15時に発表した2019年7~9月期連結決算(国際会計基準)は、最終損益が7001億円の赤字(前年同期は5264億円の黒字)に転落した(「ソフトバンクG、赤字7000億円 「投資判断まずかった」」参照)。オフィスシェア大手の「ウィーワーク」を運営する、出資先の米ウィーカンパニーの企業価値が低下したほか、配車サービスの米ウーバーテクノロジーズなど他の投資先企業でも株安が進行。主力のファンド事業で9702億円という多額の損失(前年同期は3924億円の利益)が発生した。

16時に始まった孫正義会長兼社長による決算会見は約1時間50分のロングランとなった。日経電子版は、孫会長の声をタイムラインでまとめた。

【17時53分】決算会見が終了

【17時49分】「2号ファンド、1号ファンドとほぼ同規模」

孫会長は2号ファンドの今後の計画について「ウィーワークやウーバーの問題で慎重に考えざるを得ないのでは、と思う投資家もいるかもしれないが、予定に変更なしという部分がたくさんある。2号ファンドの規模は1号ファンドの規模とほぼ変わらない」と述べた。また、同ファンドのキャッシュフローについては「来年、再来年、5年後にそれぞれ上場する会社があるが、全企業で上場した場合の分析をしており、十分なキャッシュフローが回っていく」と説明した。

【17時43分】「事業経営、69歳でもう少しやりたくなるかも」

孫会長は今後の進退について「60代で経営陣にバトンを渡すことを19歳から一貫して申し上げているが、今日現在変わりはない。69歳になったらもう少し、ということもあるかもしれないが。ただ、最近批判されて事業経営が面白くて仕方ない。まだまだファンドを立ち上げてAI革命を追っていきたいという気持ちでいっぱいです」と話し、笑いを誘った。

【17時37分】「日本は新しいことへの挑戦足りない」

「ユニコーンの株価が振るわないが、投資ファンドの戦略変更はないのか」と聞かれ、孫会長は「インターネットの黎明(れいめい)期も同じ事を言われた。だがそのあと、こうした企業が世界の時価総額トップ10の会社になっている。一方、日本の重厚長大の会社が世界の時価総額から転げ落ちている。架空と思っていた世界が実になり、実だったものが崩れている。歴史は繰り返す。むしろ、日本は新しいことに挑戦するのが足りないと危機感をもっているくらい。これまで持っていたビジョンは(今回のような)一部騒動では微動だにしない」と強調した。

【17時30分】「ウィーワークの上場時期、慎重にみる」

孫会長は、ウィーワークを運営するウィーカンパニーの上場ペースについて聞かれ「最近、ビジネス対話アプリの米スラック・テクノロジーズやウーバーをみて上場の時期をもう少し慎重に見るべきと思い始めた」。一方で「利益が出始めた会社があり、来年、再来年にかけて複数社上場するという方向性は変わらない」との見通しを示した。

【17時26分】「2号ファンドの投資は粛々と始まる」

今後の投資戦略について問われた孫氏は「ソフトバンクビジョンファンド1号(SVF1)の投資期間は終了した。従って同2号ファンドであるSVF2のシードラウンドとして、当社自身のお金で徐々に投資が始まっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2753文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン