/

この記事は会員限定です

事実婚はどこまで保護されるのか

憲法のトリセツ

[有料会員限定]

「同性同士の事実婚の不倫」というややこしい裁判の判決の考察の続きです。今回は2番目の論点である「法律婚と事実婚はどう違うのか」を、異性か同性かを問わず、考えてみましょう。

■明治民法の時代も事実婚に理解があった

民法739条はこう規定しています。

「婚姻は、戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、その効力を生ずる」

つまり、届け出をしなければ効力を生じないわけです。実態よりも書面を重視すると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2246文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

憲法改正をめぐるニュースが増えています。 憲法が果たす役割とは何でしょうか。今後どう改憲論議が進むのでしょうか。 このコラムでは実際の判例や歴史を交えて、憲法のわかりやすい「取扱説明書」をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン