批判に向き合い作家連携 「表現と社会」探る
検証あいちトリエンナーレ(中)

カバーストーリー
2019/11/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「作品の内容は関係ない。一度、美術館が展示すると決めたものが、展示できなくなったことが問題なのだ」。8月中旬、あいちトリエンナーレの出展作家らが開いた公開討論会で、キューバ出身の美術家タニア・ブルゲラは鋭く言い放った。

ネット上の批判 想定超えた拡散 求められる配慮と展示戦略 検証あいちトリエンナーレ(上) 「表現の不自由展・その後」の中止に対し、海外作家らは再開を求める抗議文を起草し、展示ボイコ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]