台風に強い無電柱化 低コスト手法や自治体支援広がる

台風21号
台風19号
コラム(テクノロジー)
2019/11/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

停電の一因となる電柱の倒壊が最近の台風で相次いだことを受け、電線を地中に埋める「無電柱化」への関心が急速に高まっている。2019年9月に関東地方などを襲った台風15号では、一時93万戸が停電した。18年の台風21号による大阪府を中心とした停電被害も記憶に新しい。

無電柱化推進の旗を振るのは国土交通省だ。同省は18~20年度の3年間で、延長約2400キロの道路で無電柱化に着手する目標を掲げている。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]