/

この記事は会員限定です

SBI、対話アプリで送金可能に 提携銀行に導入促す

イスラエル社と合弁

[有料会員限定]

SBIホールディングスは10月、出資先のイスラエル企業と共同で、対話アプリを使った送金システムの販売会社を立ち上げた。対話アプリの画面内に普段利用している銀行アプリが表示され、そこから直接送金ができる仕組み。個人間のP2P(ピアツーピア)決済市場の拡大を取り込む。11月から日本やアジア全域の金融機関や事業会社向けに販売を始める。

SBIが70%、イスラエルのスタートアップが30%を出資し、SBI...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り548文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません