産直サイト、個人に広がる スマホで自由に価格設定

スタートアップ
2019/11/6 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

生産者と消費者が農水産物を直接売買できるサービスが広がっている。生産者はスマートフォンで気軽に野菜などを出品し、価格を自由に設定できる。消費者に商品を直接届ける「D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)」として、食への意識が高い消費者を中心に活用が広がる。

ふるさと納税支援などを手がけるレッドホースコーポレーション(東京・江東)は11月下旬に生鮮品の売買サイト「OWL(アウル)」を立ち上げる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]