「牛の角突き」変革し守る 中越地震被災の旧山古志村

2019/11/5 11:24
保存
共有
印刷
その他

新潟県中越地震で壊滅的な被害を受け、一時全村避難を強いられた旧山古志村(現長岡市)。深刻な過疎化で伝統行事「牛の角突き」の担い手が減る中、山古志闘牛会の会長、松井富栄さん(37)は守り続けるための変革を惜しまない。「新しいことに取り組む姿勢は父の背中に学んだ」。発生から15年となった10月下旬には、復興への感謝の気持ちを込め特別試合を開いた。

山古志で生まれ、牛とともに育った富栄さんは震災翌年、…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]